スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ “春”

3月11日
ミューザ川崎で開催された チャリティーコンサート
村上信夫さんの ブログに載っていますので 転載させていただきました

3月11日
2015-03-11 23:13:49
テーマ:ブログ
3月11日。あの日から4年。
地震の発生した午後2時46分。
「追悼式典」のテレビ中継を見ながら黙とうした。
そして、この日の夜、
ミューザ川崎シンフォニーホールで、
東日本大震災復興チャリティーコンサートの司会をした。
1800人満席の会場で、
自分なりに想いを込めて、精魂込めて司会した。
パイプオルガンのオープニング演奏のあと、
こんなふうに始めた。
「あの日から4年たちました。
 もう4年、まだ4年。されど4年。
 いろいろな感情が行き交います。
 つい先日、南相馬で被災地の声を聞いてきました。
 みなさんの声を聞いていると、
 4年経っても何も変わっていないのが現実です。
 いまもなお、
 避難している人がおよそ23万人、
 仮設住宅に暮らす人がおよそ8万人。
 常磐自動車道が全通しても、除染が進んでも、
 インフラが復興しても、人の心は、あのときのままです。
 親しい人を亡くし、家をなくし、家族離散し、仕事を奪われ、
 見えない放射能に怯え・・・
 にもかかわらず、明るく振る舞うことに疲れています。
 これからのひととき、音楽に耳を傾けながら、
 被災地に想いを馳せたいと思います」
 ミューザ川崎シンフォニーホールは、
 4年前の地震で、 ホールの天井が落下して、甚大な被害を受けた。
 改修補強工事の結果、
 ホールの吊り天井については、
 鉄骨を補強するなど震度7にも耐えうる強靭なものになった。
 音響面でも、「以前より響きが良くなった」と言われ、
 安全で、より優れた音響を楽しめるホールに生まれ変わった。
 4年前の地震発生時、パイプオルガン奏者の松居直美さんは、 
 この場所で翌日に控えたコンサートの練習をしていた。
 幸い、ケガはなかったが、
 毎年3月11日が来ると、命への想いを新たにしている。
 ソプラノ歌手の鈴木美紀子さん、
 ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の福澤宏さんと一緒に、
 バロック時代の礼拝曲を披露した。
 まさに「心洗われる」という表現に相応しい演奏だった。
 小原孝さんの「カッチーニのアヴェ・マリア」が、
 これまた心に沁みいる。
 「ボレロ」も凄みのある演奏だった。
 そして、はるばる津軽から秋田漣さん登場。
 津軽の風土で育まれた秋田節は、
 小原さんの伴奏によって、さらに深化。
 これまで聞いた中でも、魂に響く歌だった。
 コンサート終了後、ロビーで募金箱を持って立っていると、
 多くの方から「よかった、よかった」の声をかけられた。
 そして募金箱に、次から次に「志」をいただいた。
 200万を超える募金が集まったそうだ。
 3月11日が過ぎても、いつも忘れない。忘れたくない。

スポンサーサイト
プロフィール

津軽の空

Author:津軽の空
秋田 漣
弘前市生まれ、弘前在住
独学でスタートしたシャンソン歌手歴30年以上のキャリアを持つ。自分の本名である「漣」を店名に掲げ、酒場を経営しながら“夜毎ライブスタイルのシャソン酒場”をキャッチフレーズに、ピアニスト芝谷重道とシャンソンを中心にスタンダードジャズ、カンツォーネ、映画テーマ曲、ポピュラー等、幅広いレパートリーを唄っている。歌手としての秋田 漣はあくまで津軽を愛し、方言の温かさを大切にしながら東北を活動の基盤としてきた。津軽方言でのシャンソンや詩の朗読を交えた実験的な試みは中央からも注目されている。
また、毎年同店で企画するパリ祭(7月)・クリスマス(12月)・まひるのシャンソニエ(3、10月)等のイベントは、地元のみならず県内外からもファンが次第に多くなって雰囲気を盛り上げてきている。
弘前出身のシャンソン界大御所“故くどうベン”や“花田和子”“三上寛”とのジョイントリサイタルを始め、石井好子、芦野宏、ピエル・バレー、戸川昌子等との共演、多くの招待コンサートやディナーショーに出演するなど津軽在住のシャンソン歌手として精力的に活躍してきた。60歳を過ぎた2007年にやっと自身初の自主製作CD「愛する津軽をシャンソンにこめて」をリリースすることができ、2011年には、NHKラジオ深夜便やNHKラジオビタミン「ときめきインタビュー」に出演した。小さな城下町で長年に渡って存続するシャンソン歌手として貴重であり、その表現力は専門家からも高く評価され、特に地元の暖かい声援に守られ多くの支持を得ている。
シャンソン酒場「漣」営業時間 18:00~23:00
シャンソンタイム
19:30~  20:30~  21:30~  22:30~
お問合せ:
 0172-33-0191(18:00~)
 0172-26-2712(10:00~)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー(月別)
02 ≪│2015/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。